つらい グリーン車 仕事

色々な匂いや蒸し暑さで気持ち悪い

 

 

子供が2人います。つわりの期間が比較的長く上の子の時はフルタイムで仕事をしていました。横浜の郊外に住んでいたので有楽町まで通勤時間1時間半ほどかけて通っていました。

 

つわりも日によってひどかったり軽かったりとまちまちでした。妊娠してつわりが始まったのが夏の終わりくらいで電車はエアコンがかかっているとはいえラッシュ時は色々な匂いが混ざりあい蒸し暑さで気分が悪くなることが多かったです。

 

当時マタニティマークをつけることに少し抵抗がありつけていませんでした。つわりの時期はお腹も全然目立たないので席を譲ってもらうことも言い出すことも出来ませんでした。

 

気持ち悪くなるのも朝からずっとの時もあれば突然の時もありました。電車で移動中突然の時は次の駅までがひどく長く感じ早くトイレに行きたいと思うことも多々ありました。しばらくは電車に乗る前は気持ち悪くなったらどうしようと不安になることもありました。

 

これはいつまで続くのかと思うと赤ちゃんが出来て嬉しいはずなのに憂うつになりました。

 

気持ちが悪いということで、何もできなくなったり、気分が滅入ってしまうことがありますよね。
つわりなどでもつらい妊娠初期に、ベルタ葉酸サプリは無理することなく飲めるのか、先にチェックしておくことをおすすめします。

すぐに降たりグリーン車で通勤した

 

 

 

朝からつわりがある時は仕事は休みました。遅刻したうえに早退までする方が会社にも迷惑がかかると思ったからです。上司には妊娠した時にすぐに報告してありました。体調がすぐれない時は無理せず休んで良いと言ってくださっていたので助かりました。

 

電車で通勤中気分が悪くなった時は次の駅ですぐに降りてベンチで休むかトイレに行くかしていました。だから停車駅のトイレの場所はなるべくチェックしておきました。

 

会社の方は遅刻してしまうこともありましたが先程も書きましたように上司に報告してあったので多少の遅刻は無理しないでと言ってくださりました。

 

あとは会社がシフト制だったので平日に休みを入れて電車の空いている土日に出勤していました。座って通勤できるので多少気分が悪くても何とか会社まで行くことができました。

 

その他ちょっと贅沢でしたが特に辛い時期はグリーン券を買ってグリーン車で通勤していました。シートの座り心地はいいので降りる駅までゆっくり寝ることが出来て快適でした。

こんな記事も読まれています